小規模で行う家族葬|進め方で費用が変わる

危篤に関してと後の手続き

葬儀

危篤は早急に知らせる

千葉県などに住んでいて家族の危篤を知らされたとき、対応の仕方は様々です。意識がはっきりとしている間に本人が会いたいと思っている人と、本人に会いたいと思っている人に対して一刻も早く連絡を入れます。内容は危篤になっている人の名前と病院名、部屋の番号、住所、道順、連絡を入れている人の携帯番号、本人の状態などを言います。挨拶などは最小限にして次の知らせるべき人に早く連絡を入れて、つながらないときは留守番電話やメール、電報などを使います。千葉県などでも、これらの連絡は緊急のため早朝や深夜でも相手に関係なく連絡しても大丈夫です。しかし来るかどうかの答えは聞かないようにします。そして急な出来事のため一度連絡して忘れてしまうことも、あるため連絡した人は紙に控えておくといいです。千葉県などでも急な危篤の連絡を受けた場合は、これらのことを知っておくと便利です。

7日以内に行うこと

もし千葉県などで家族が亡くなった場合葬儀なども含めて、いろいろな手続が必要になってきますが、早急に対応しなければならないものがあります。死亡したことを知った時点から7日以内に死亡届を市町村区の戸籍、住民登録窓口に届出人の印鑑を持って死亡診断書とともに出さなければなりません。同時に死体火・埋葬許可申請をして、死体火葬許可書を交付してもらいます。これらは、故人の死亡地か本籍地で行う必要があります。この死体火葬許可書は葬儀告別式が終わり火葬場へいったときに提出するもので、その後に埋葬許可書を交付してもらいます。その他、葬儀後などに年金受給停止や介護保険資格喪失届、住民票の取消、世帯主の変更などがあります。これらは亡くなってから14日以内に対応しなければなりませんが、事前に葬儀の前後で行うことを知っておけば戸惑うことはありません。